スタッフブログ

Blog

Air Logic  鳥栖市新築注文住宅コラム  ~地震対策~

コラム

2021/04/08

鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町、神埼市、佐賀市、小郡市、久留米市、

筑紫野市で新築注文住宅、高性能住宅、健康住宅、全館空調でお考えの皆様。

こんにちは。Air Logicです。

本日のコラムは、エアロジックの『地震対策』について説明致します。



マイホームを検討されている方で、建物の地震対策に不安を抱えている方も多いと思いま

す。

地震大国と言われている日本。大地震から建物を守る為には『耐震』・『制振』・『免震』

という、3つの対策方法があります。

まずは、それぞれの特徴と違いを説明いたします。

最初に『耐震』の話を致しますが、建物の強度を高めることで、 地震による建物の倒壊や

損傷を防ぐ建築技術を指します。木造住宅であれば、部材の強度や使用数量を上げて頑丈な建物にすることで、耐震性を高めます。

次に『制震』ついてですが、制震装置(制震ダンパー)を設置する事で、建物が地震の揺れ

エネルギーを吸収、または、抑制する技術です。建物の揺れが低減し、建物の損傷軽減につながります。

大規模な地震やその後の余震に対して特に有効とされています。

最後に『免振』ですが、免振とは地盤と建物を絶縁して、建物自体に地震の揺れを伝達させ

ない技術です。建物との間にダンパー等を設置して、地盤と建物を切り離すので大地震に対

して有効です。

このように3つの工法がありますが、やはりメリット、デメリットがあります。

『耐震工法』は住宅の建設段階で必ず行う方法で、大地震による建物の全壊や損傷を防い

で、建物の中にいる人を守る役割を果たします。しかし、繰り返しの地震や余震に対する

ダメージに耐え切れない場合があります。

『免震工法』は地震による揺れを建物に伝わらない構造を作って、建物の揺れや損傷を

防ぎますが、木造住宅ではコストが高くあまり普及は進んでいません。

『制振工法』は地震時の地面からの揺れに対する体感は軽減しませんが、建物自体の揺れを 

良く吸収するので、 建物の変形を大きく軽減できて、免震工法よりも施工効率が高く、

低コストです。

また、『耐震工法』に対応できない繰り返しの地震や余震にも対応できる工法です。

『エアロジック』では、30倍発砲の現場発泡スプレー断熱材が屋根・外壁・基礎を

がっちりと連結しており、また外壁面には、耐震性能のある『EXボード』を全面に貼って

地震に強い家となっております。それにプラスして、この制震装置『αダンパーEXⅡ』を

設置している為、耐震と制震の2つ要素を兼ね備えた住宅となっております。

マイホームを検討しているけど、地震が心配と思っている方は、地震対策にもこだわった

エアロジックのモデルハウスに見学にお越し下さい。


鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町、神埼市、佐賀市、小郡市、久留米市、筑

紫野市で新築注文住宅、高性能住宅、健康住宅、全館空調でお考えの皆様。

鳥栖市幸津町モデルハウスにお越し頂き、是非「体感」して下さい。

快適な空間を提供しています。

鳥栖市 基山町 みやき町 上峰町 吉野ヶ里町 神埼市 佐賀市 小郡市 久留米市 筑紫野市 新築

注文住宅 高性能住宅 健康住宅 全館空調 Air Logic エア ロジック