高性能住宅②|スタッフブログ|エア ロジック|Air Logic|鳥栖エリアで住宅着工数No.1の至福の暮らしを叶えるプレミアムハウス

スタッフブログ

Blog

高性能住宅②

コラム

2022/09/18



鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町、神埼市、佐賀市、小郡市、久留米市、筑紫野市で新築注文住宅、高性能住宅、健康住宅でお考えの皆様。

こんにちは。Air Logicです。

本日のコラムは高性能住宅②についてご説明します。

以前、Air Logicの高性能住宅の考え方をご説明しました。その中でUA値 ・ C値についてご説明しましたが今回はAir LogicのUA値 ・ C値をご説明します。



まずはこちらの資料をご覧ください。こちらは外皮UA値の表になります。
佐賀県 ・ 福岡県エリアは6地域に該当しておりそれぞれ基準となる数値が定められています。
6地域では省エネ基準=0.87、ZEH=0.60。また2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会通称「HEAT20」
HEAT20ではG1 ・ G2 ・ G3グレードがあり数値がよく高気密高断熱と言えます。
HEAT20は国の数値では手ぬるいと基準の高い数値を提唱しています。
HEAT20では住宅内での体感温度を考慮し、冬場に室内での体感温度を10~15度以上を保つ為に必要な断熱性能で定められています。



鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町、神埼市、佐賀市、小郡市、久留米市、筑紫野市で新築注文住宅、高性能住宅、健康住宅でお考えの皆様。

では本題に入ります。Air Logicのモデルハウスを参考にUA値 ・ C値をご説明します。

まずUA値が0.38になります。6地域ではHEAT20 G2レベルの性能になります。また北海道の住宅レベルの性能です。

続いてC値が0.2になります。これははがきで約4分の1サイズの隙間しかありません。従って気密性が非常に高く快適空間を保ちます。



これからの住宅ではデザイン ・ 価格は勿論「性能」つまりUA値 ・ C値は非常に重要になります。

自動車を購入される際、デザイン ・ 価格。+燃費も見られると思います。デザイン ・ 価格はバッチリ。ただリッター5キロしか走らない自動車は購入される方は少ないと思います。

住宅も同じです。

Air Logicでは性能のご説明もしています。

是非、モデルハウスで快適空間をご体感ください。

今後も定期的にコラムを更新します。


鳥栖市 基山町 みやき町 上峰町 吉野ヶ里町 神埼市 佐賀市 小郡市 久留米市 筑紫野市 新築注文住宅 高性能住宅 健康住宅 全館空調 UA値 C値 Air Logic エア ロジック FAS ファース